鍼灸治療

鍼灸治療
鍼灸刺激により、自律神経系、内分泌系、免疫系統に作用し、中枢性及び反射性の血液・リンパ液の循環改善により生体の恒常性に働きかけることが期待されます。
米国国立衛生研究所で各種の病気に対する有効性とその根拠、西洋医学の代替治療として効果について有効と発表しています。またWHO(世界保健機構)で鍼灸療法の有効性を認めております。

適応例
神経系: 神経痛
神経麻痺(ベル麻痺)
頭痛
自律神経失調症
坐骨神経痛・梨状筋症候群
三叉神経痛
肋間神経痛
めまい

運動器系:関節痛
頚椎捻挫後遺症(むち打ち症)
頚腕症候群
五十肩・腱鞘炎
腰痛
外傷後の後遺症(骨折・捻挫・打撲)
頸椎症(ストレートネック)

消化器系:胃腸病 (胃炎・便秘)
逆流性食道炎

眼科系: 眼精疲労・かすみ目・OA病

婦人科系:更年期障害
生理痛・生理不順
乳腺炎
冷え性
逆子治療 (産科治療鍼はよく知られています)

スポーツ障害:疲労回復、慢性的な障害、痛みのコントロール、捻挫・肉離れ(足関       節、膝関節、肩関節等)急性腰痛などで出血による腫れや痛み、神経       痛様症状の緩和に効果を発揮します。症状が強い場合には、鍼に微弱       電流を流し痛みのコントロールをします。
患部の回復と競技への早期回復を完全サポート致します。

鍼治療の安全性
使用する鍼は全てディスポーサブル(使い捨て鍼)を使用します。

お灸(田町のみ)
もぐさを肌に直接のせる方法ともぐさを肌に触れないように燃やす方法(温灸)を使い分けます。
熱過ぎる刺激は避け、やけどのような痕が残らないように施術をします。