夏から始める東京マラソン ~⑤足の裏を守る!~

Low section rear view of man running on boardwalk

残暑もいつの間にか過ぎ去り、

すっかり秋めいてきましたね!

運動するにはベストなこの時期ですが、

急な運動や、張り切り過ぎて運動量の増やし過ぎには要注意ですね‼

 

 

そこで今回は『足底腱膜炎』についてのお話です。

ランナーの方はもちろん、運動していない方にも起こりうる怪我ですね。

 

 

足底腱膜とは?

足の裏には踵の骨から足先に向かって膜のように薄く、幅広い腱が覆っています。

これを足底腱膜といいます。

また、足の甲はアーチ(土踏まずなど)のクッションを作ることで

体重をささえており、そのアーチの間に足底腱膜があることで

体重によりアーチを崩すことなく維持しています。

%e8%b6%b3%e5%ba%95%e8%85%b1%e8%86%9c%e7%82%8e

 

 

 

 

 

 

 

足底腱膜炎はその腱膜の部分で炎症を起こしたものです。

痛みは踵に近い部分に起こりやすいです。

運動開始直後などの動き出しで痛みが起きやすいことも特徴ですね。

 

 

痛くなってしまったら・・・

まずはセルフケアで!!

・足裏のストレッチやマッサージで腱膜の緊張を落とします。

※痛みが強い時の強マッサージは返って痛みを助長する可能性があります。

あくまでマッサージは愛護的にしましょう!!

・インソール・テーピングでサポートする。

・アキレス腱・ふくらはぎのストレッチをする。

※アキレス腱やふくらはぎ固くなってしましますと

足首の可動域が落ちてしまい足底への負担を増加させてしまします。

また、足底腱膜もアキレス腱も踵の骨に付着するため、

アキレス腱固くなると踵の骨も上に引っ張り上げてしまいます。

そうすると足底腱膜の緊張が上がってしまい痛みが出やすくなります。

 

 

はじめは少し気になる程度の痛みでも、

そのままにしていると ただ歩くのでも痛い ということにもなりかねません。

まずはセルフケアで様子を見てみましょう!

それでも「痛みが変わらない」「痛みが大きくなってきた」という方は

一度、治療院へお越しください!

 

経験豊富なスタッフの治療と日常生活等でのアドバイスをさせていただきます‼

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*